コンテンツエリア



メインコンテンツ

椿賞2018

主役は地元の若きエース渡辺雄太

伊東競輪開設68周年記念G3「椿賞争奪戦」が、12月13~16日の4日間で開催される。優勝争いの中心は、地元の若きエース渡辺雄太だ。師匠の渡辺晴智、8年前の覇者・新田康仁と援軍は充実。さらに郡司浩平も加わり、南関勢は盤石の布陣となる。

層の厚い南関勢に鈴木竜士が挑む

地元の渡辺雄太がシリーズを盛り上げる。2年前のヤンググランプリ覇者が、今年5月の名古屋でG3初制覇。決勝では、同県の簗田一輝の先行に乗り、番手まくりを決めた。9月の青森G3決勝では、赤板前からの先行で粘り込んで3着。自力で優勝をつかめるムードがあるのは間違いないだろう。

南関勢は層が厚く、郡司浩平の参戦は大きい。この状況を有利に運べるのは渡辺晴智、新田康仁といった地元のベテラン。さらに和田健太郎が加わり、盤石の布陣となる。もはや焦点は、決勝に南関勢が何人乗るか。注目が集まりそうだ。

昨年のヤンググランプリを制した鈴木竜士が打倒南関勢の筆頭格。8月のオールスターを最後にG1戦線から遠ざかったが、積極的な走りが光る。追加参戦のSS諸橋愛の援護を見込める今回は、G3初制覇を狙えるか。

吉田敏洋は、竹内雄作を鼓舞してレースの主導権を握りたい。惜しくもGPを逃した原田研太朗も、賞金の足かせが取れれば伸び伸び走れそう。桑原大志との中四国コンビで一発の可能性を秘める。九州勢は、荒井崇博が吉本卓仁をどこまでリードできるかが、逆転への鍵となりそうだ。



フィーチャー

ボート競輪オートコンテンツ

ミッドナイト競輪

ミッドナイト競輪・無料PDF新聞

ミッドナイト競輪の全開催で無料予想紙ニッカンPDF新聞を配信。

ニッカン・コム杯特集

ニッカン・コム杯特集

2019年度ニッカン・コム杯特集を公開中。開催・第5弾は下関。

福岡ボートPDF新聞

福岡G1無料PDF新聞

G1福岡チャンピオンカップの無料予想紙ニッカンPDF新聞を配信。

蒲郡ボート直前予想

蒲郡AI予想&直前レース予想

業界初のAI予想!スタート展示終了後には担当記者の直前予想を公開。

山陽オート直前予想

山陽ミッドナイト直前レース予想

日刊スポーツ担当記者が試走終了後に直前レース予想を公開。

佐世保競輪PDF新聞

佐世保F1無料PDF新聞

F1トップくん&ウィンちゃんCの無料予想紙ニッカンPDF新聞を配信。

小松島競輪PDF新聞

小松島F1無料PDF新聞

F1サテライト徳島カップの無料予想紙ニッカンPDF新聞を配信。

伊東競輪PDF新聞

伊東F1無料PDF新聞

F1ジャパンカップの無料予想紙ニッカンPDF新聞を配信。

戸田ボート直前予想

戸田・直前レース予想

日刊スポーツ担当記者がスタート展示終了後に直前レース予想を公開。

浜名湖ボート直前予想

浜名湖・直前レース予想

日刊スポーツ担当記者がスタート展示終了後に直前レース予想を公開。

徳山ボート直前予想

徳山・直前レース予想

日刊スポーツ担当記者がスタート展示終了後に直前レース予想を公開。

下関ボート直前予想

下関・直前レース予想

日刊スポーツ担当記者がスタート展示終了後に直前レース予想を公開。

若松ボート直前予想

若松・直前レース予想

日刊スポーツ担当記者がスタート展示終了後に直前レース予想を公開。

芦屋ボート直前予想

芦屋・直前レース予想

日刊スポーツ担当記者がスタート展示終了後に直前レース予想を公開。

ヤマコウの時は来た

日刊スポーツ評論家・山口幸二コラム

おなじみヤマコウが主要開催で注目の選手&レースを鋭く分析します。

敢闘門の向こう側

担当記者が伝える競輪日記

紙面で紹介できなかった、ちょっといい話や裏話を伝えます。

石川純のDream情報局

フリーアナウンサー石川純コラム

ボートレースに関する裏話や選手の思いなどを毎月リポートします。

毒島誠のトップギア

トップレーサー毒島誠コラム

ボートのトップレーサーが月に1回、仕事や私生活を語り尽くします。

ビューティフル・ボートレース

注目の女子ボートレーサーを紹介

毎月の更新で女子ボートレーサーのプライベートに迫ります。

愛 LOVE RACE

公営競技などの話題が満載!

担当記者がボート、競輪、地方競馬のホットな話題をお届けします。

競輪名勝負物語

競輪名勝負物語を動画で配信中!

第7回は帝王・山田裕仁が狙って取ったKEIRINグランプリ03です。

ボートコンピ販売

ボートコンピがコンビニで買える

ボートコンピ指数が主要コンビニのコピー機から購入できます。




ボート

菊地孝平ギリギリ準優切符 進入&速攻に注目/福岡
菊地孝平ギリギリ準優切符 進入&速攻に注目/福岡 [記事へ]





右カラム