予1・6Rの高尾貴美歌(22=長崎)は正攻法に構えた。しかし「覚悟はしていた」と話すように、後ろからの仕掛けがなく、そのまま先行勝負。真後ろから太田瑛美にまくられて4着に敗れた。

「太田さんが番手にいるのが想定外でした。まくられても飛び付ければ良かったけど、あと1歩が足りず悔しい。でも、足の感じは悪くなかった」。欠場明けのレースでも、まずまずの手応えはあったようだ。

迎える予2・7Rは、メンバーに児玉碧衣の名前を見つけて顔をしかめたが「初日駄目だった分、全力を尽くして」ときっぱり。臨機応変に攻めて、初日の4着をしっかりリカバリーしたい。