今シリーズ最年少の“若手”飯山晃三(46=長崎)が6、4枠回りの2走を3着2本とまとめた。「特訓から追い付く感じもあった。伸びているし、久々にいい感じ」と41号機にも手応えありの様子。

レースを終えると率先してピットの掃除を務めるなど、丘の上では“新兵”として慌ただしく駆け回っているが、水面では先輩も後輩もない。2枠で登場する2日目5Rも、並み居るベテラン陣を相手に奮闘を見せる。