大井清貴の動きが際立っている。

前半の1Rは3コースから力強いまくり差しで浮上。北川幸典、長谷川巌との競り合いをパワーで制して、白星をもぎ取った。

後半10Rは5コースから展開を突いて2着。こちらも引き波を力強く越える足を披露していた。

「変わらずターン回りがいい。スタートはいつもの徳山に比べると早いけど、勘通りにいけている」。

軽快な動きで、このままハイペースで戦えそうだ。

【徳山ボート・ニッカンAI予想&直前レース予想】無料公開中!ここを押してチェック