清水愛海(24=山口)にとって準優11Rは、あまりにほろ苦い一戦となった。1Mは6コースからチルト3度の堀之内紀代子がまくってきたが、インで抵抗。その際に堀之内と接触してしまい、2着でゴールしたものの不良航法の判定が下されて賞典除外となった。「自分が下手で危ないことをしてしまったので、ターンの練習をします」と、がっくり肩を落とした。なお、当該レースで3着の落合直子が繰り上がって優出した。