このページの先頭



ここから共通メニュー

共通メニュー


ホーム > 競馬 > ニュース


競馬メニュー

内田博3勝スタート、サインに「JRA」

中山1Rを勝利で飾り声援に応え手を振る内田博騎手(撮影・栗原伸幸)
中山1Rを勝利で飾り声援に応え手を振る内田博騎手(撮影・栗原伸幸)

 地方競馬・大井から中央競馬に移籍、1日から騎乗を始めた内田博幸騎手(37=美浦・嶋田潤)が、JRA所属騎手としての初日からいきなり気を吐いた。中山1Rでは2番人気のシャドウランズでさっそく移籍後初勝利を挙げた。朝から人だかりができたウイナーズサークルでは多くの声援が飛び、あらためて人気の高さを証明。

 銀座ウインズで馬券を買っていた競馬歴40年余の烏山芳政さん(60)は、接戦を制した8R(ハタノワイズ=首差で勝利)を場内テレビで見ながら「ほんとにうまい!」とうなっていた。

 この日は4Rの障害戦を除く11クラに騎乗し3勝の大活躍。全レース終了後には「まずホッとしたのが先に立つ。もっとうまく乗れたかなと思うのもあるから騎乗は50点ぐらいだけど、3勝できたのは初日としては上出来」と安堵(あんど)の笑みを浮かべた。ファンへのサインには堂々と「JRA」と添えた。

[2008年3月1日17時44分]

関連情報

最新ニュース

記事バックナンバー



このページの先頭へ