日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムの競馬ページです。



ここからこのサイトのナビゲーションです

共通メニュー

企画アーカイブズ

QAなう


  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

8歳モナーク連覇へ衰えなし/日経新春杯

アドマイヤレグルス(右)との併せ馬で追い切るアドマイヤモナーク
アドマイヤレグルス(右)との併せ馬で追い切るアドマイヤモナーク

<日経新春杯:追い切り>

 8歳馬に衰えなし。日経新春杯(G2、芝2400メートル、18日=京都)の追い切りが15日、栗東トレセンで行われた。吹雪の中、アドマイヤモナーク(牡8、栗東・松田博)は、僚馬アドマイヤレグルス(古馬1000万)と1ハロンの併せ馬で軽く5馬身先着。年齢を感じさせない脚さばきで有馬2着の実力を見せつけた。

 昨年の覇者、そしてグランプリ2着馬は年明けも元気だ。衰えを知らない8歳馬アドマイヤモナークが長めからラスト重点の、いわゆる“松田博流”で追い切られた。併せ馬でほぼ同時にスピードを上げたアドマイヤレグルスだったが、元気すぎる先輩についていけない。残り1ハロンでモナークが一気に突き放し、終わってみれば5馬身差をつけた。切れたモナークに対して、レグルスがスローモーションに見えた、といえば言い過ぎだろうか。それほど生で見た姿は恐ろしく対照的だった。

 「指示通り。年齢を重ねて、やんちゃな面は消えたが、落ち着きや貫禄(かんろく)が出てきたな。反応は抜群やったぞ」と松田博師。確かに有馬記念2着は、先行するダイワスカーレットを追いかけた馬が失速。マイペースを貫いた後方一気の策がハマった印象もあるが「抜群の状態やったし、予想通り。別に驚かんかった」。最低人気で生み出した大波乱の結末も、想定の範囲内のようだ。だからこそ「馬が若いよ。京都は走るし、58キロも背負い慣れてるやろ」と今回についても自信をのぞかせる。

 そもそも天皇賞(秋)とジャパンCの凡退(ともに12着)が招いたともいえるグランプリの最低人気。しかし、秋の盾は調整不足。ジャパンCもそれが尾を引いて力を出せずじまいだった。左回り【2 0 1 6】に対し、右回りは【6 9 6 13】。確かに人気を落としすぎたのかもしれない。「東京は合わん。それを思えば京都は走る」(同師)。全8勝のうち半分の4勝を挙げている“我が庭”京都で連覇を狙うアドマイヤモナーク。過去6年でトップハンデ馬の連対はないが、そんなマイナスデータなど簡単に吹き飛ばしそうな8歳馬だ。【鎌田優】

 [2009年1月16日8時22分 紙面から]


関連ニュース



ソーシャルブックマークへ投稿

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • はてなブックマークに追加
  • Buzzurlにブックマーク
  • livedoorクリップに投稿

ソーシャルブックマークとは



PR



  • インパラ地力に期待/きさらぎ賞 [29日17:36]
  • 東京マイル得意クラレント/東京新聞杯 [29日17:36]
  • レガーロ仕上がり80%以上/きさらぎ賞 [29日17:30]
  • マッジョーレ逆襲十分/東京新聞杯 [29日17:27]
  • スマイル今年も欠かせない!/東京新聞杯 [29日17:27]
  • 根岸S勝利のマシュウ右前脚骨折 [29日17:25]



この記事を読んだ人は以下の記事も読んでいます






日刊スポーツの購読申し込みはこちら

  1. ニッカンスポーツ・コムホーム
  2. 競馬
  3. ニュース

データ提供

日本プロ野球(NPB):
日刊編集センター(編集著作)/NPB BIS(公式記録)
国内サッカー:
(株)日刊編集センター
欧州サッカー:
(株)日刊編集センター/InfostradaSports
MLB:
(株)日刊編集センター/(株)共同通信/STATS LLC

ここからフッターナビゲーションです