日刊スポーツのニュースサイト、ニッカンスポーツ・コムです。


  1. 競馬
  2. ニュース

競馬のRSS

ギュスターヴ脚元すっきり/京都大賞典

 8日の京都大賞典(G2、芝2400メートル)は2頭出しの荒川厩舎から目が離せない。特に今年の阪神大賞典を制したギュスターヴクライ(牡4)は、天皇賞・春5着後に両前脚の不安で休養していたが、思いのほか回復が早く、9月初旬に帰厩して順調に坂路調教をこなし、今回への出走を決定。馬体に太め感はない。大目標のジャパンC(G1、芝2400メートル、11月25日=東京)に向けて幸先の良いスタートを切りたい。

 数々の活躍馬を担当してきた斉藤厩務員の仕事ぶりには目を見張るものがある。当初はアルゼンチン共和国杯から始動と思われていたところを前倒しするまで回復させた。「帰厩してから無事に乗れていた。体もそう太くないし大丈夫。次へ向けていい内容で走ってくれれば」と同厩務員。僚馬メイショウカンパクにも「前走は勝負どころでブレーキをかける不利。末脚勝負の馬だけに、あれは痛かったと思う。スムーズに走れば」と期待を寄せた。

 [2012年10月3日8時48分 紙面から]




  • 有料競馬◆2月22日、1~3着馬のコンピ指数[22日16:54]



日刊スポーツ購読申し込み 日刊スポーツ映画大賞