FC町田ゼルビアはホームでモンテディオ山形と対戦し、セットプレーからの得点で引き分けに持ち込んだ。

後半11分、自陣左サイドから入ってきたクロスを頭でクリアしようとした町田DF水本が、オウンゴールで先制点を献上した。

その後は両チームなかなか得点を奪えなかったが、後半41分に町田はMF平戸の右FKをファーサイドのDF深津が頭で合わせ、同点とした。

ホームで逆転を狙う町田は最後まで相手ゴールに迫ったが、試合は1-1のまま終了した。