サッカー女子パリ五輪(オリンピック)アジア最終予選の日本代表なでしこジャパン-北朝鮮戦の前日27日、会場となる東京・国立競技場で行われた公式会見で、北朝鮮と韓国の神経戦が展開された。

北朝鮮リ・ユイル監督の会見で、韓国のテレビ局「チャンネルA」のキム・ミンジ記者が質問した。「北韓(ブッカン=韓国では北朝鮮をこう呼ぶ)の女子サッカーの力はどこから出るのか、正確に…」と質問していたが、リ監督は質問を遮った。

「悪いけど、国号を正確に呼ばないと。我々はブッカンチームではなく、朝鮮民主主義(人民)共和国チームですから。国号を正確に呼ばないと、質問を受け付けません」

これに対し、キム記者は「では、呼称なしで質問していいですか?」と質問を続けると、リ監督は「簡単な質問ですね」と皮肉っぽく、答えた。

会見に同席した通訳はマスコミに向け、このやりとりは訳さなかった。

なでしこ、運命の北朝鮮戦 勝てばパリ五輪、負ければ終わりのアジア最終予選/ライブ速報します