3戦目で初黒星を喫した日本(世界ランク7位)だが、若きアタッカーの躍動が光った。

16年リオデジャネイロ五輪金メダルの中国(同4位)に0-3(26-28、17-25、27-29)のストレート負け。

第3セットの途中でエースの古賀紗理那(26=NEC)が右足首を痛めて負傷交代するアクシデントが発生。緊急事態の中で、途中出場したミドルブロッカーの山田二千華(にちか、22=NEC)のスパイクがさえ渡った。

第2Sではセットポイント目前の相手に対し、追い上げのスパイクを立て続けに決めた。古賀がコートから去った第3Sの途中からも活躍し、一時は日本がリードする展開になった。

この試合で放った全7本のスパイクは全てが得点となり、決定率100%と存在感を示した。

山田は「途中出場でコートの外から見る情報が多かった分、それをコートの中で体現しようと思った。できて良かったです」と振り返った。

21年の東京五輪では代表に選出されるも、5試合のうち出場したのは1試合(韓国戦)のみ。五輪後は休暇を返上し、所属チームに合流。悔しさを糧に練習に打ち込んだ22歳が、ひと筋の光となった。

勝てば2次ラウンド進出の中国戦はストレート負け。

それでも山田は「自分たちのやるべきことに目を向けて、切り替えてやっていきたい」と前を向き、30日のブラジル戦(同2位)を見据えた。【波部俊之介】