前ロッテのサブロー氏(42)が、高校野球100回大会の日刊スポーツ「編成部長」に就任した。名門PL学園(大阪)からドラフト1位でロッテに入団し、「つなぎの4番」として活躍。現役時代に中学硬式野球チーム「千葉幕張ボーイズ」を設立するなど多くのアマチュア選手の育成に携わり、引退後はどういう選手がプロで成長するか研究を続けてきた。「将来、プロで活躍する選手を探す」という視点で、全国の球児をチェックする

(左から)サブロー編成部長、10年優勝パレード、94年センバツ大会から
(左から)サブロー編成部長、10年優勝パレード、94年センバツ大会から

◆大阪桐蔭・藤原の振る力は◎/連載1

◆大阪桐蔭・根尾は「二刀流」より野手/連載2

◆健大高崎・山下、理想のレベルスイング/連載3

◆「ポップ型」埼玉栄・米倉12K完投/連載4

◆明秀日立フライボール賛成、増田性格◎/連載5

◆関東第一・石橋はスマートな古田タイプ/連載6

◆花咲徳栄・野村、下半身使えば飛距離増/連載7

◆横浜・万波、打撃伸びしろ 根尾超えも/連載8

◆報徳学園・小園、プロより上の守備と肩/連載9

◆日大鶴ケ丘・勝又、平野似の潜在能力/連載10

◆金足農・吉田はまるで藤川球児/連載11

◆創志学園・西はプロ向き「実力+熱さ」/連載12

◆日大三・河村は「招き猫」成瀬に似てる/連載13

◆根尾&小園、二遊間で試したい/連載14

◆好打者条件持つ根尾は「イチ流の一流」/連載15