岩手出身の中日阿部寿樹内野手(32)が巨人との東北シリーズで球団新の8打席連続安打を決め、大島とウッズが持つチームの8打数連続安打記録にも並んだ。前日の第2打席から3打席連続安打で、この日は延長10回の最終打席で三ツ俣の押し出し死球につなげる中前打を放つなど5打席5安打。山形、郡山と続いた2連戦で錦を飾り、「(東北の人に)生きているアピールができた」と会心だ。7月1日からのホーム阪神戦で記録更新に挑む。

▼中日阿部寿樹内野手が28日巨人戦の2打席目から8打席連続ヒット。連続打席安打の記録は91年レイノルズ(大洋)の11打席があるが、中日で8打席連続安打は阿部が初めてだ。

球団では過去に51年西沢、05年ウッズ、18年大島が8打数連続安打を記録していたが、3人とも途中で四球を挟んでいた。

【関連記事】中日ニュース一覧