女優長谷川奈央(28)と俳優市原綾真(24)が14日、都内でダブル主演する映画「美しき誘惑-現代の『画皮』-」(赤羽博監督)の初日舞台あいさつに出席した。

緊急事態宣言下で、初日を迎えられたことに長谷川は「私自身も驚いています。多くのスタッフの方から、いろいろな指導をいただいた。感謝の気持ちを伝えたいです」。市原は「この映画に出て、自分のために生きることをやめて、他人のために生きることって素晴らしいと思いました」。他に永島敏行(64)芦川よしみ(62)千眼美子(26)が出席した。