俳優役所広司(67)が28日、都内で行われた、各分野で圧倒的に活躍した人をたたえるアワード「GQ MEN OF THE YEAR 2023」フォトコールに登壇し、自身のバイタリティーを明かした。

12月22日公開の映画「PERFECT DAYS」(ヴィム・ヴェンダース監督)で第76回カンヌ国際映画祭最優秀男優賞を受賞。長年の俳優としての功績をたたえて「レジェンダリー・アクター賞」が贈られた。役所は「前回ベストアクター賞を頂いたときは授賞式に参加できなくて、今日は参加できて感動しております」とコメントした。

2023年の印象的な出来事について映画「PERFECT DAYS」での撮影現場を上げた。「初めて公衆トイレの清掃を2日間みっちり練習しました。俳優をやっていないとなかなか出来ないことだなと。公衆トイレを使う人達との交流や気遣いを聞いて、襟を正さなければという経験をさせてもらいました」。

今年は主演映画3本に出演。自身のバイタリティーを問われると「去年までコロナで撮影が中断したり、公開が延期になった作品が今年に上映になったのでたまたま多くなる年になった」と謙遜したものの「頑張るモチベーションは素晴らしい作品を観客としてみた時。『僕も一応同じ映画というジャンルで働く人間として頑張ろう』という勇気を与えてもらえるので、音楽でも映画でも演劇でも人にひっぱりあげてもらっている気がします」と語った。

【写真特集】吉田正尚、役所広司、山田裕貴、新しい学校のリーダーズ、ヒコロヒーら登壇 GQイベント>>