うれしい函館初勝利です。函館1R(3歳未勝利、芝1200メートル)で小林勝太騎手(20=小野)騎乗のクリノリアルレディ(牝、伊藤伸)が白星。デビューイヤーの鞍上は4月8日の中山6R以来、約2カ月ぶりとなるJRA4勝目を手にしました。

小林勝騎手は笑顔で「函館は雰囲気が落ち着いていて好きな場所です。いい馬にたくさん乗せてもらっているので、また頑張りたいです」と北の大地初勝利を喜びました。

レースは好発を生かし、11番枠から果敢にハナを切ります。道中は馬のリズムを重視。直線でも余力は十分で、内から迫った2着のランドオブラヴを鼻差で振り切りました。小林勝騎手は「積極的な競馬を心掛けていました。格上挑戦で3着にきていた馬ですし、能力を信じて乗りました」と振り返りました。

週中の函館調教では曜日を問わず、たくさんの乗鞍があった鞍上。朝一番から時間いっぱいに乗った後でも疲れた表情ひとつ見せず、いつも取材に応じてくれました。その時にも「雰囲気がいいんですよね」と、函館の過ごしやすい環境に充実した表情をみせていました。

今週は土日合わせて10鞍の騎乗があります。きっと好成績を残してくれるに違いありません。小林勝騎手に注目して下さい。【阿部泰斉】