前走1勝クラスを5馬身差で快勝したレーベンスティール(牡3、田中博)が重賞初挑戦へ向け、1週前追い切りに臨んだ。

美浦ウッドで単走。ゆったりと力強い脚さばきで、5ハロン69秒4-11秒5(馬なり)をマークした。

田中博師は「週末に併せ馬をする予定なので、脚慣らし程度。体質が弱く腰の状態が不安定でしたが、今回は比較的いい方だと思います。まだ攻めきれてはいないですけど、レース間隔も大きく空いていないので、ちょうどいいあんばいでやっていきたいです」と見据えた。

デビュー戦では、無敗で皐月賞を制し、ダービー2着のソールオリエンスに首差の2着。体質の弱さから出世が遅れたが、東京芝1800メートルでの前走は、好位3番手から楽々と抜け出した。ラスト2ハロンは10秒8-10秒9と、抜群の瞬発力を披露。

師も「まだ完成度の低い中でも、いいパフォーマンスを見せてくれていますね。現状で過度な期待をかけるのは酷ですが、大きいところを、と思わせてくれる馬です。期待しています」と素質の高さを評価。夏の3歳ハンデ重賞が、試金石の一戦となる。