エリザベス女王杯3着のハーパー(牝3、友道)が、グランプリ有馬記念(G1、芝2500メートル、中山=12月24日)に出走することが分かった。6日、管理する友道師が明かした。鞍上は新コンビとなる岩田望来騎手(23)。

友道師は「前走後もダメージはなかったです。G1でも好走しているように力はあるし、距離もこれくらいあっていいです。長くいい脚を使うタイプで、こういうコースも合っているのかなと思っています」と話した。

同馬は今年のクイーンC覇者で、牝馬3冠レースにフル出場。勝ち星こそなかったが、桜花賞4着、オークス2着、秋華賞3着と常に上位争いをしてきた。友道厩舎はドウデュース、ヒートオンビートを含め、3頭出しの有馬記念となる。