1. 日本選手権
  2. 大学選手権
  3. ドラフト
  4. 明治神宮

早大が東大に大勝 小宮山監督初陣飾る/詳細

<東京6大学野球:早大13-1東大>◇第2週第1日◇20日◇神宮

元ロッテの小宮山悟新監督率いる早大が東大と対戦。13-1で快勝し初陣を白星で飾った。


チーム
東大
早大13

【早】早川、田中、柴田

【東】小林大、坂口、奥野

【試合経過】

東大は1回表、3者凡退

早大は1回裏、2死から福岡が中前安打。加藤が四球で一、二塁。檜村の右前適時打で1点を先制。続く1年生、昨年春夏甲子園連覇の大阪桐蔭主将の中川は右飛に倒れた


東大は2回表、2死から土井。山下朋の連打で一、三塁。しかし小林大は一ゴロで無得点

早大は2回裏、先頭の小藤が左前安打。山田は右前安打で一、二塁。早川が送って1死二、三塁。滝沢の右中間を破る適時三塁打で2者生還。続く金子が左中間へ2ランを放ち5-0。さらに檜村の適時二塁打で1点を加

え6-0


早大は3回裏、滝沢の犠飛で1点追加し7-0


早大は5回裏、2死から早川が二塁打。滝沢の中前適時打で8点目


早大は6回裏、檜村の左越え2ランで10点目


東大は7回表、山下朋の適時二塁打で1点返す

早大は7回裏、滝沢の適時二塁打で11点目。さらに福岡の適時打、加藤の適時二塁打で13点


早大は8回裏、2死一、三塁から1年生の蛭間(浦和学院)が代打で初出場も空振り三振


東大は9回表、2死一、三塁も無得点に終わり試合終了

東大対早大 東大に勝利し、引き上げる早大・小宮山監督(撮影・大野祥一)
東大対早大 東大に勝利し、引き上げる早大・小宮山監督(撮影・大野祥一)
東大対早大 2回裏早大、2点本塁打を放つ金子(撮影・大野祥一)
東大対早大 2回裏早大、2点本塁打を放つ金子(撮影・大野祥一)
東大対早大 2回裏の攻撃前、選手に声をかける早大・小宮山監督(左)(撮影・大野祥一)
東大対早大 2回裏の攻撃前、選手に声をかける早大・小宮山監督(左)(撮影・大野祥一)
東大対早大 先発の早大・早川(撮影・大野祥一)
東大対早大 先発の早大・早川(撮影・大野祥一)
東大対早大 先発の東大・小林大(撮影・大野祥一)
東大対早大 先発の東大・小林大(撮影・大野祥一)
東大対早大・試合前にノックする早大・小宮山監督(撮影・大野祥一)
東大対早大・試合前にノックする早大・小宮山監督(撮影・大野祥一)

【スタメン】

<早大>

1(左)滝沢(山梨学院)

2(二)金子(早実)

3(三)福岡(川越東)

4(右)加藤(早実)

5(遊)檜村(木更津総合)

6(一)中川卓(大阪桐蔭)

7(捕)小藤(日大三)

8(中)山田(早実)

9(投)早川(木更津総合)

<東大>

1(遊)笠原(湘南)

2(捕)大音(湘南)

3(中)辻居(栄光学園)

4(左)岡(小倉)

5(一)武隈(鶴丸)

6(右)土井(国学院久我山)

7(三)山下朋(東海)

8(投)小林大(横浜翠嵐)

9(二)早川(菊里)

◆小宮山悟(こみやま・さとる)1965年(昭40)9月15日、千葉県柏市生まれ。芝浦工大柏から2浪して早大進学。4年時に主将を務めた。東京6大学リーグ通算20勝10敗。89年ドラフト1位でロッテ入団。97年最優秀防御率。00年に横浜移籍、02年にFAで大リーグのメッツに移籍。1年間の浪人を経て04年、バレンタイン監督とともにロッテに復帰し、09年引退。日本プロ野球通算455試合、117勝141敗4セーブ、防御率3・71。大リーグでは25試合、0勝3敗0セーブ、防御率5・61。右投げ右打ち。10年から野球評論家。11~14年は早大コーチ。今年1月1日付で監督就任

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

    更新