ヤクルト小川ブルペン83球 今季初実戦18日以降

  • ブルペンで投げ込む小川。左は高津監督(撮影・狩俣裕三)

ヤクルトと日本ハムとの練習試合が中止となり、登板予定だった小川泰弘投手はブルペンで計83球を投じた。上半身と下半身のバランス、テークバックや体重移動を意識しながら腕を振った。

74球を投げて終わろうとしたが、捕手西田と話して再度マウンドへ。今季初実戦は18日以降となるが「今取り組んでいることを出して、打者がどう反応するか。テンポよく投げたい」と話した。