巨人サンチェスは「菅野と2トップ確信」宮本コーチ

  • 打撃練習で登板後、巨人宮本コーチ(左端)から声を掛けられるサンチェス(右から2人目)。右端は小林(撮影・河野匠)

巨人エンジェル・サンチェス投手(30=韓国・SK)が2度目のフリー打撃に登板し、日本野球への対応力を示した。

カーブ、フォークを交え、石川、若林相手に30球。クイックを織り交ぜながら安打性2本に抑えた。「感触はよかった。徐々にではあるが全てが前に進んでいる」。宮本投手チーフコーチは「日本の野球はクイックや変化球。制球もいいから日本の野球に合っている。菅野との2トップを確信した」と評した。