巨人陽岱鋼降格、一塁挑戦も打撃不振 岸田も2軍へ

巨人は28日、29日のヤクルトとのオープン戦(東京ドーム)から陽岱鋼外野手(33)、岸田行倫捕手(23)が2軍に降格すると発表した。

代わって北村拓己内野手(24)が1軍に昇格する。陽岱鋼は今キャンプから一塁の守備にも挑戦してきたが、キャンプ中は実戦10試合で24打数3安打の打率1割2分5厘、1本塁打と打撃不振だった。大竹寛投手(36)は右肩痛のためファームでリハビリすることが決まった。