広島堂林が打撃フォーム改良 新井貴浩氏から助言

  • ティー打撃練習する広島堂林(撮影・加藤孝規)
  • ダッシュを繰り返す広島堂林(撮影・加藤孝規
  • ノックを受ける広島堂林(撮影・加藤孝規)

広島の堂林翔太内野手が打撃フォーム改良に取り組んでいる。

OB新井貴浩氏から「バットヘッドを最短距離で出す」と助言されたイメージをたたき込み、打撃練習では中堅方向を意識。「自己満足にならないように、レフトに本塁打したら次はセンターに切り替える。センターへ打ちにいきながら反応してレフトに打ち返すと打球も違う」。2日に1度の頻度で振り込みを重ねる。