阪神高野が2回無失点「あとは打者との駆け引きを」

<阪神紅白戦:紅組0-3白組>◇29日◇甲子園

阪神高野圭佑投手(28)が白組の3番手で登板し、2回無失点の好投を見せた。5回からマウンドに上がると、福留、大山、梅野を11球で3者凡退。6回は1死から江越を四球で出すが、けん制球で刺す落ち着きも披露。打たせて取る投球で2回を27球にまとめた。

登板後には球団広報を通じ「思っているところにある程度、投げれましたしボールの精度もよかったと思います。あとは意図的に『この球はボールにする』など打者との駆け引きが課題かなと思うので、開幕までの実戦登板の機会を大切にアピールしていきたいです」とコメントした。

昨季、ロッテからトレードで加入した右腕は今季、中継ぎから先発に挑戦中。開幕ローテを目指し、今後もアピールを続けていく。