阪神青柳が1回3者凡退「テーマ決めて」カット多投

  • 甲子園で練習を行う阪神の選手たち(撮影・清水貴仁)

<阪神紅白戦:紅組0-3白組>◇29日◇甲子園

阪神青柳晃洋投手(26)が紅白戦に登板し、1回を3者凡退に抑えた。

紅組の4番手で6回に登板。先頭の糸原を空振り三振、原口を遊ゴロに打ち取り、最後は陽川を空振り三振に仕留めた。「(捕手の)梅野さんとも話をして、今日は1イニングでしたし、カットボールの精度が課題だったので多めに投げようとテーマを決めてマウンドに上がりました。リリースの感覚も良かったですし、前回のシート登板の反省も生かせたので全体的に良かったと思います」。課題を持ってマウンドに上がり、1回無安打無失点2三振と結果を残した。青柳は開幕ローテーションの有力候補。調整の順調ぶりをうかがわせた。