西武辻監督、浜屋は中継ぎで「先発は考えていない」

<西武紅白戦:紅組1-3白組>◇30日◇メットライフドーム

西武のドラフト2位浜屋将太投手が、中継ぎでの開幕1軍を大きくたぐり寄せた。

白組打線相手に5回から登板すると、先頭の外崎をカウント2-2から、高めのカーブで空振り三振。4番山川をファウル2本で追い込むと、外角への直球で再び空振り三振に仕留めた。続く5番栗山も一ゴロに打ち取り3者凡退で終えた。浜屋は「内角に投げ切れたのが一番よかった」と手応えを語った。

先発でも起用の可能性がある中、辻発彦監督は開幕序盤は左の中継ぎとして起用する方針を明らかにした。「今のところは先発は考えていないです。彼もああいう短いところだったらスピードも出ますし、先発としても面白いんですけど、今のところは考えていない。今日は非常に良かった。彼の持ち味はインコースにしっかり真っすぐを投げられるというところ。(山川への)アウトコースも最後、見事なコースだったですね」と高評価だった。

白組の2番手で登板した下手投げの与座も、3回2安打1失点と好投。開幕ローテーション入りに前進する内容に、同監督は「6連戦が続くんで、(先発)6枚というところで、彼がもし先発でいったときどこまで持ちこたえてくれるか。コントロールを持っていますから、先発としていけるんじゃないかと思っています」と合格点を出した。