巨人大城が衝撃弾「完璧に捉えることができた」

  • 第2試合の白組対紅組 4回表紅組1死、先制の右越え本塁打を放った大城(右)をエアタッチで迎える阿部2軍監督(撮影・河野匠)

<巨人紅白戦:紅組2-0白組>◇第2試合◇31日◇東京ドーム

正捕手候補の巨人大城卓三が、どでかい1発を放った。

紅組の「4番捕手」としてスタメン出場。0-0の4回1死走者なし。白組先発の新外国人右腕のサンチェスが投じた内角高め147キロを完璧に捉え、右翼席の中段へ着弾させた。打った瞬間にそれと分かる弾道に、右翼手パーラも1歩も動けず。「ドン」という衝撃音が響き渡った。「完璧に捉えることが出来ました」と広報を通じてコメントした。