ロッテ若き4番安田、本拠の声援の中3安打3打点

  • ロッテ対日本ハム 3回裏ロッテ2死満塁、安田は左越え適時二塁打を放つ(撮影・鈴木正人)
  • ロッテ対日本ハム 試合終了後、ナインを出迎えるロッテ井口監督(中央)(撮影・佐藤翔太)

<ロッテ12-5日本ハム>◇14日◇ZOZOマリン

ロッテの若き4番、安田尚憲内野手(21)が3安打3打点の活躍でプロ入り後初めて、本拠地でのヒーローインタビューを受けた。「ビジターの時もうれしかったですけれど、本拠地に戻って、ホームで温かい声援の中でうれしかったです」と初々しかった。

初回、先輩野手の3連打の後にレフトへ転がした。3回には2死満塁で走者一掃の適時二塁打を放った。いずれのイニングも、打者一巡の猛攻となった。

※最初の配信記事中で「1試合2度の打者一巡」は、99年4月7日ダイエー戦(北九州)以来とありましたが、05年3月27年楽天戦(千葉マリン)でも記録しており、誤りでした。