K1安保瑠輝也「次はしっかり」ゲーオをKO宣言

K-1スーパー・ライト級王者安保瑠輝也(24)がゲーオ・ウィラサクレック(35)からのKO勝ちを約束した。

28日に愛知・ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催される「K-1 WGP 2019」の同級タイトルマッチで、前王者ゲーオの挑戦を受ける安保がこのほど大阪市天王寺区寺田町のALL-WIN GYMで公開練習を行い、挑戦者の気持ちで試合に臨む決意を明かした。

6月の両国大会でゲーオとの延長戦に及ぶ接戦を制し、第4代王座に就いた。試合後は判定に納得のいかないゲーオに対し、その場で再戦を呼びかけ、今回、立場を変えてのダイレクトリマッチによるタイトル戦が決まった。

公開練習でサンドバッグ打ちでは、これまで以上にパワーが増したパンチと蹴りを繰り出した。今回は王者として相手を迎え撃つ立場だが、「今、質問されて防衛戦なんだ…と思ったくらいで、本当に防衛戦という意識はない」。

安保は対戦発表記者会見で、ゲーオの前のベルトを置き、写真撮影でも間に入った中村拓己K-1プロデューサーにベルトを渡し、2人の立場がフラットなことをアピールした。「僕が挑戦者だとは思っていない」と前置きしつつ「ゲーオ選手ともう1回戦ってベルトを取るというイメージ。今、形的にベルトは僕の元にありますが、もう1度ゲーオ選手と戦って、次はしっかり倒してベルトを取りに行くつもりです」と防衛戦ではなく王座決定戦のつもりでリングに立つ。

その他の写真

  • 公開練習で力強いパンチを打ち込む現王者・安保瑠輝也