井上尚弥の公開スパー中止「最大限の注意が必要」

ボクシングの大橋ジムは27日、新型コロナウイルスの感染拡大による影響を受け、この日予定されていたWBAスーパー、IBFバンタム級王者井上尚弥(26=大橋)の報道陣向けの練習公開を取りやめとした。

大橋秀行会長(54)は「このような状況を受け、最大限の注意が必要と判断した」と説明。試合に向けた井上の練習スケジュールに変更の予定はないという。

井上は4月25日(日本時間26日)に、米ラスベガスでWBO王者ジョンリール・カシメロ(31=フィリピン)との3団体統一戦を控えている。

日本ボクシングコミッションと日本プロボクシング協会は、3月に予定されていた全国で16の興行の中止、延期を発表している。