宝塚 ~ 朗らかに

入団1年半 初々しさの中にも覚悟/都姫ここ

宝塚100周年以降“新世紀の顔”の1人、花組トップ明日海(あすみ)りおは、サヨナラ公演「A Fairy Tale-青い薔薇の精-」「シャルム!」で男役17年、トップ5年半を締める。最後の役は、罪の色に染まったバラの精霊。はかなさと美を表現する。「ひ弱」だった入団時から「たくましくなった」自身を重ねて臨む。新人公演は2年目の都姫(みやひめ)ここが初ヒロインに抜てき。宝塚が9月10日、東京は10月31日に上演される。

入団2年目ながら新人公演ヒロインに抜てきされた花組の娘役、都姫ここ(撮影・村上久美子)
入団2年目ながら新人公演ヒロインに抜てきされた花組の娘役、都姫ここ(撮影・村上久美子)

  ◇   ◇   ◇  

入団1年半の104期生。都姫ここは、新人公演初ヒロインに「ただただビックリ」と初々しい。前作で仙名彩世が退団し、6年目の華優希が新トップ娘役に就いた。今作本公演は、華の本拠お披露目になる。

「組の雰囲気も変わっていると思います。華さんは『一緒に頑張ろうね。いつでも聞いてね』と、おっしゃってくださった」

主人公のバラの精霊に出会い、ひかれ合うヒロイン。映画「アラジン」の王女ジャスミンをイメージして役作りをしているという。

「役柄は貴族ですけど、年齢設定は幼少期から幅広く…。すごく芯が強く、自分の意志をちゃんと持った女の子。ジャスミンに似た、強い女性を自分の中で消化していけたら」

子供の頃、劇団に所属。高校のミュージカルコース研修で宝塚を知った。

「小さい頃から習っていたので、一番好きなのはダンス。体で表現するのが好き。でも今回、華さんのお芝居を研究していると、歌う中で気持ちを表現する力を学びたいと思いました」

ライバルは「自分」といい「自分に負けずに、1日1日を大切に、誰からも愛されるような娘役になりたい」。学ぶべきことを自覚。初々しさの中に、センターへ立つ覚悟もある。

☆都姫ここ(みやひめ・ここ)2月17日、岡山市生まれ。18年入団の104期生。初舞台後に花組配属。初作品「MESSIAH」新人公演で、華優希の役に抜てき。今年は柚香光主演の東京公演「花より男子」に出演。身長161センチ。愛称「ことか」「こつ」。

夢の舞台を創り続けて100年あまり。時代とともにスターを生み、話題作を手掛けてきた宝塚歌劇団。華やかなステージを作り続ける裏側で日々、厳しいけいこと競争の中で切磋琢磨を続けている夕カラジェンヌの横顔を伝えます。

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング