活動多岐だったピエール瀧被告、映画など対応協議

コカインを摂取したとして、麻薬取締法違反の罪に問われたミュージシャンで俳優のピエール瀧(本名・瀧正則)被告(52)の判決公判が18日、東京地裁で開かれ懲役1年6月、執行猶予3年の判決が言い渡された。小野裕信裁判官から5分を超える説諭をされ、芸能界復帰に向けても励ましの言葉を受ける異例の展開となった。

◇  ◇  ◇

ピエール瀧被告は、音楽、映像、CMなど活動が多岐にわたっており、影響は大きかった。NHKでは出演ドラマなどのオンデマンド配信を中止し、映画「ロマンスドール」(タナダユキ監督、今秋公開)は、現在も対応を協議中だ。歌を担当した静岡市のPRソング「まるちゃんの静岡音頭」について、同市では「今後、音頭の使用や普及は自粛します」とし、歌そのものを残すかどうかについても検討中とした。

「清水七夕まつり」ではこれまで2年続けてコンテストを行っていたが、今年は行わないことを決定した。

その他の写真

  • ピエール瀧被告を乗せていると思われる車(撮影・大野祥一)