メーガン妃レッドカーペット ビヨンセとハグも

英王室のヘンリー王子(34)とメーガン妃(37)が現地時間14日、ロンドンで行われたディズニーの新作映画「ライオン・キング」のプレミア上映会に出席し、第1子アーチ君を出産後初となるレッドカーペットに登場した。

タキシード姿のヘンリー王子と黒のフレアドレス姿のメーガン妃は手をつないで仲良く会場入りし、集まった大勢のファンから大きな声援を受けた。レッドカーペットでは主人公シンバの幼なじみで親友のナーラの声を演じた歌手ビヨンセと夫のラップ歌手ジェイ・Zとも対面。メーガン妃はビヨンセと手を取り合い、ハグする一幕も見られた。公式の場で初めて対面した2人は談笑し、関係者によると5月に生まれたばかりのアーチ君についても話題にしていたという。

現在は育児に専念するため産休中のメーガン妃だが、前日もキャサリン妃と共にウィンブルドン選手権女子シングルスの決勝戦で親友のセリーナ・ウイリアムズとシモナ・ハレプの対戦を観戦しており、精力的にイベントへの出席を続けている。(ロサンゼルス=千歳香奈子)