J・ローレンスが結婚?婚約者とNYの結婚局訪れる

オスカー女優のジェニファー・ローレンス(28)が16日、婚約者のクック・マロニー氏(33)とともに、ニューヨーク市の市庁舎にある結婚局にいるところをキャッチされた。

米ニューヨーク・ポスト紙によると、2人の警備員とフォトグラファーも同伴していたという。

ローレンスはブレザーにジーンズ姿、マロニー氏はT・シャツにジーンズ姿で、1枚の書類を手にビルの前に立っている姿が写真に写っている。ポスト紙によると、驚いた目撃者の1人が、「結婚許可証を取りに行ったら、ジェニファー・ローレンスが結婚するために目の前を通り過ぎた」とツイートしたらしい。

ローレンスとマロニー氏が結婚したとの臆測が流れる中、内部関係者はポスト紙に、2人が同伴していたのはセレブ御用達のフォトグラファー、マーク・セリガー氏だったと語ったという。マロニー氏が左手の指輪を隠すようにしている姿も写真に写っている。

ローレンスと美術商のマロニー氏は昨年の春、友人の紹介で知り合い、交際。今年2月に婚約したが、ローレンスは来月、盛大な挙式を行う予定であることを自ら明かしている。情報筋によると、現在はマンハッタンで新居を探しているところだという。

ローレンスは2015年、英バンド「コールドプレイ」のボーカリスト、クリス・マーティンと交際。2016年から2017年にかけて、ダレン・アロノフスキー監督と交際していた。(ニューヨーク=鹿目直子)