SixTONESデビュー曲YOSHIKI手掛ける

ジャニーズJr.内グループSixTONES(ストーンズ)が19日、東京国際フォーラムで、全国ホールツアー東京公演を開催した。記念すべきデビューシングル(来年1月22日発売、タイトル未定)の作詞作曲やプロデュースを、X JAPANのYOSHIKI(年齢非公表)が手がけたことを発表した。

ライブ中盤のトークで、モニターにYOSHIKIの写真が映し出されると、大きな歓声と、「ウソ~!」「すごくない!?」などのどよめきがあがった。田中樹(24)は「僕たちのデビュー曲を、YOSHIKIさんに作詞作曲、プロデュースしていただきました!」と報告し、両手を上げた。メンバーたちも「やったー!」と大はしゃぎだった。

SixTONESデビュー発表前の今春、ジャニーズ事務所の滝沢秀明副社長(37)がYOSHIKIに連絡し、直談判したという。「滝沢さんの熱心な思いに心を打たれ、またSixTONESが海外でのJ-POPのイメージを一新させる可能性を秘めたグループだと確信しましたので、楽曲提供およびプロデュースを引き受けさせていただきました」。YOSHIKIから寄せられたコメントを田中が代読すると、大歓声があがった。

田中は「激しくて、美しくて、YOSHIKIさんの世界観が詰まった、SixTONESの新しい一面を出せるような曲です」と明かした。ジェシー(23)も「世界がびっくりすると思う。何度も何度も聴きたくなる曲です」とアピールした。

この日は、「JAPONICA STYLE」「この星のHIKARI」などをパフォーマンス。ファン5000人を熱狂させた。来年1月4日の横浜アリーナを皮切りに、全国5都市18公演、計22・1万人以上を動員する初のアリーナツアーを開催することも発表した。また、初の単独公式ファンクラブ発足も発表。20日正午から入会受付を開始するという。来年同時デビューするジャニーズJr.内グループ、Snow Manとの2組同時開設となる。

その他の写真

  • SixTONESのデビュー曲はXJAPANのYOSHIKIさんが提供することが告知された(撮影・丹羽敏通)
  • パワフルなステージで観客を魅了したSixTONESの、左から高地優吾、京本大我、松村北斗、森本慎太郎、、ジェシー、田中樹(撮影・丹羽敏通)