橋本マナミ生着替え、結婚してもやめられない脱ぎ癖

  • 生着替え30秒に挑戦した橋本マナミだったが、ストッキング片方でタイムアップ(撮影・酒井清司)
  • 生着替え30秒に挑戦した橋本マナミだったが、ストッキングが片方だけで終了(撮影・酒井清司)
  • 生着替え30秒に挑戦した橋本マナミ(撮影・酒井清司)
  • 生着替え30秒に挑戦した橋本マナミ(撮影・酒井清司)

タレント橋本マナミ(35)が18日、都内で行われた写真集「橋本マナミの抱きしめてinハワイ」の発売記念イベントで“新妻の生着替え”を披露した。

バスローブ姿で登場して、30秒の時間内にメイド服姿に早着替え。「生着替え!」コールの中、時間いっぱいで仕切りが落とされると、橋本はニーソックスを片方だけはき残したあられもない姿。「いいですか?」と断って、ニーソックスをちゃんと履いてポーズを取った。

昨年11月に1歳下の勤務医と結婚。人妻初イベントに「幸せです。結婚して心が安定しました。愛人キャラで『結婚してくれ』と言ってくれる人がいなかったので、一生孤独で死ぬのかと思っていた」と振り返った。

結婚前には2年間交際して、1年間は一緒に暮らしていた。「外でデートは1、2回。彼の友人にも、私の友人にも言わなかった。彼の勤務先の、病院の方にも、結婚した相手が私だとは言っていません。『OLさん』と言うとうそになるので『普通の人』って言ってるみたいです」と笑った。

写真集の撮影は結婚前に行われた。「最後の“国民の愛人”としての写真です」。露出については「撮影にはいると脱ぐ癖がついてて(笑い)。結婚してもやめられない。セクシーの方は死守していきたい」と話した。