平手友梨奈、本人の意思尊重し卒業ではなく「脱退」

欅坂46のセンター平手友梨奈(18)が、グループから脱退することが23日、分かった。グループの公式サイトで発表された。平手本人の意思を尊重して「卒業」ではなく「脱退」という言葉を使う形になったという。今後はソロで活動するとみられるが、詳細は未定。

また公式サイトでは、メンバーの鈴本美愉(22)織田奈那(21)の卒業と、佐藤詩織(23)の一時活動休止もあわせて発表された。

平手は15年8月に欅坂46の1期生オーディションに合格。当時14歳とは思えないような独特の雰囲気を持ち、翌16年4月のデビューシングル「サイレントマジョリティー」のセンターに抜てきされ、話題となった。発売された8枚のシングル全てでセンターを務めていた。クールでメッセージ性の強い欅坂46の世界観を、パフォーマンスの中心で引っ張っていた。存在感は絶大で、文字通りグループの顔だ。

18年9月公開の「響-HIBIKI-」で、映画初出演にして初主演を果たした。同年の日刊スポーツ映画大賞で新人賞を受賞。日本アカデミー賞の新人俳優賞にも輝くなど、女優業でも活躍している。