東山紀之「最高の戦友」退所の錦織と植草たたえる

少年隊の錦織一清(55)と植草克秀(54)が、年内いっぱいをもってジャニーズ事務所から退所することが20日、分かった。公式ファンクラブサイトなどで発表された。引き続き同事務所に所属する東山紀之(53)も同サイトにコメントを掲載した。

東山は、今年デビュー35周年を迎える少年隊を長年支えてきたファンや関係者に感謝した上で、「2人とは、別々の道を模索する事となりました」と報告。「これまで、親兄弟よりも濃密な35年間を過ごしてきましたし、その中で、誰よりも長い青春時代を2人と過ごせた事を誇りに感じています。年齢を重ねるにつれて、自分自身のやりたい事が明確になったのだと思います」と説明した。

その上で「切磋琢磨(せっさたくま)させてくれた2人は最高の戦友だと思っています」と錦織と植草をたたえ、「ニシキ! 植草! これまでの日々を想い、青春時代を振り返りながら、また3人で語り合いましょう」と伝えた。

少年隊は85年12月に「仮面舞踏会」でレコードデビュー。08年8月を最後に、グループ活動は実質休止状態が続いている。

また、少年隊デビュー35周年記念日の12月12日に、ベストアルバム「少年隊 35th Anniversary BEST」と、35周年記念DVDボックスを発売することも発表された。