志村どうぶつ園は笑顔で幕「お別れじゃない」相葉

今年3月29日に新型コロナウイルスで亡くなった志村けんさん(享年70)の冠番組の日本テレビ系「天才!志村どうぶつ園」が26日、最終回を迎えた。「16年半ありがとう…志村園長と一緒に最終回2時間スペシャル」と題して、志村さんがスタジオにいてVTR紹介をするような演出で、山瀬まみ(50)、嵐の相葉雅紀(37)らレギュラー陣とともに2時間スペシャルで16年半の番組の名場面を振り返った。

今年2月27日に熊本で収録した未公開の志村さん最後のロケ映像で、志村さんが孫のように溺愛していたチンパンジーのプリンちゃんに、自転車の乗り方を教える様子が流された。志村さんは曲がり方、ブレーキの掛け方を教え、覚えの早さに「すごいね」を連発。プリンちゃんから70歳の誕生祝いの花束を渡されると「70歳だからね。ありがとうね」と抱き上げて「重てえよ、20キロだからね」と笑顔を見せた。

相葉は「志村園長の優しさが、本当に伝わるVTR」。山瀬は「ちゃんと放送できてよかった。園長も喜んでる」と笑顔を見せた。DAIGO(42)は「ファミリーになれて、志村さんとお話をいろいろできて本当に良かった。SDF!志村動物園フォーエバーです」と話した。

相葉は「この16年、志村園長とみんなに会えたのは、僕の人生の財産になりました。さよならじゃない、お別れじゃない。僕らのそばにいて、いつも見ていてくれます」と、最後にチンパンジーのパンくんと志村さんの映像を紹介。パンくんとのロケを終えた志村さんが「バイバイね」と別れるが、パンくんがすがりついて抱きつき、笑顔を見せる志村さんの笑顔のアップで、通算577回目の放送を終えた。

来月3日からは志村さんの思いを受け継ぎ、相葉がMCを務める「I LOVE みんなのどうぶつ園」(土曜午後7時)が始まる。初回放送では、志村さんが飼っていた愛犬・殿くんに相葉が会いに行き、現在の様子を伝える。