エール子役が「35歳の少女」集結 石田星空も出演

この日最終回を迎えたNHK朝の連続ドラマ「エール」に出演していた子役の石田星空(11)が、28日放送の日本テレビ系連続ドラマ「35歳の少女」(土曜午後10時)第8話に出演することが分かった。

石田は「エール」で窪田正孝(32)演じる主人公の幼少期を演じ、話題となった。「35歳の少女」では主人公・柴咲コウ(39)の恋人役を演じる坂口健太郎(29)が教職として復職した際の、重要な生徒役として出演する。

坂口の幼少時代の役を演じる込江大牙、第4話の教室のシーンで登場した潤浩と田村継(13)も「エール」出演者だ。