仙台奥埜1号も「決めていれば…」バー直撃悔やむ

<明治安田生命J1:仙台1-3広島>◇第14節◇12日◇ユアスタ

 ベガルタ仙台は前半12分にMF奥埜の今季初ゴールで先制したが、警戒していたパトリックの2発など3発を浴びて敗れた。

 前半に決定的なヘディングシュートがクロスバーを直撃した奥埜は「落ち着いてシュートまで行けたが、2点目をしっかり決めていれば勝てた試合。しっかりと結果を出せるように集中していきたい」。

 

このニュースの写真

  • 仙台対広島 1-3で敗れ、スコアを背にがっくりと引き揚げる仙台の選手たち(撮影・浅見桂子)