鹿島は松本に苦戦、MF土居「最低限の勝ち点1」

<明治安田生命J1:松本1-1鹿島>◇第29節◇18日◇サンアル

鹿島アントラーズは最終ラインを固めた松本山雅FCの守備に苦戦した。開始9分で失点し、その後前半のシュートは2本のみ。

前線のMF土居が中盤に下がった後半は攻撃が回り始めたが、FW上田のPKで1点を返すのが精いっぱいだった。MF土居は肩を落としながらも「今日はなんとか勝ち点を拾った形だけど、プラスにとらえないと。最低限の勝ち点1だった」と必死に前を向いた。

その他の写真

  • 松本対鹿島 後半、ボールを回す鹿島MF土居(撮影・河田真司)
  • 松本対鹿島 ドローで試合を終え、表情を曇らせる鹿島の選手たち(撮影・河田真司)