新潟鄭大世の夫人手作り「テセキムチ」35分で完売

  • 限定の「テセキムチ」販売売店前には早くから長蛇の列

J2アルビレックス新潟のFW鄭大世(36)のミョン・ソヒョン夫人手作りの「テセキムチ」が19日のホームでの徳島戦の試合前に200セット限定で販売された。

午前10時の販売開始から200メートルを超す列ができ、約35分で売り切れた。午前8時から並んだという新潟市在住の30代男性は「鄭大世選手が大好きでデビューした時からずっと新潟に来て欲しいと思っていた。晩酌のお供に食べたい」と笑顔を見せた。

デンカビッグスワンスタジアムでは新型コロナウイルスの影響でこれまで上限5000人の観客人数制限が設けられていたが、政府のイベント開催における入場制限の段階的緩和の方針を受け、この試合から収容約30%を目途に最大1万2000人の来場が可能となった。この日は4連休初日ということもあり、スタジアム周辺は多くの家族連れなどでにぎわった。