本田、ボタフォゴは交渉クラブの1つ「希望は欧州」

オランダ1部フィテッセを12月に退団し、所属先未定の本田圭佑(33)が24日、ブラジルメディアで報じられた同国1部ボタフォゴ移籍について言及した。

同日、都内で開催された自身が発起人を務める新クラブ「One Tokyo」のトライアウトを視察した際、ボタフォゴ加入の可能性について問われた。「まだ次のクラブは決めていない」と前置きした上で「私の代理人となる兄がボタフォゴとコンタクトを取っているは知っている」と交渉クラブの1つであることを認めた。

加えて「今、多くのクラブと話している。前にも言っている通り、欧州でのプレーを希望している。ただ自分に興味を持ってくれることはうれしい。ボタフォゴは偉大なクラブ」と感謝。現役選手以外の仕事もクローブアップされているものの「次、まず個人としてもプレーするクラブを決めようと思って準備もしている」と強調していた。