ミランのマルディーニ氏が陽性 ユース所属の息子も

イタリア・セリエAのACミランは21日、テクニカル・ディレクターを務める元イタリア代表主将のパオロ・マルディーニ氏(51)が新型コロナウイルスの検査で陽性だったと発表した。ユースに所属する息子のU-19イタリア代表FWダニエル(18)も感染が確認された。

パウロ・マルディーニ氏はセリエA歴代最多647試合に出場したDF。息子のダニエルは攻撃的な選手で今年2月にトップチームデビューを果たした。

クラブは「親子の具合は良く、すでに2週間以上の自宅隔離を終え、その間に接触した人はいない」としている。