北海道の折茂社長が陽性、昨季まで肺疾患抱えプレー

プロバスケットボールBリーグ1部(B1)のレバンガ北海道は28日、折茂武彦社長(50)が新型コロナウイルス感染症の陽性判定を受けたと発表した。

クラブによると、札幌市内で行われた25日の試合会場から帰宅後に38度を超える発熱症状が見られた。翌26日に平熱に下がってからは特に症状はなかったものの、チームドクターと相談のうえ27日にPCR検査を受けたところ、28日に陽性と判定された。現在も折茂社長本人に発熱などの症状はなく、体調も安定しているという。

折茂社長と選手やチームスタッフとの接触歴を確認した結果、札幌市保健所から「濃厚接触者にはあたらない」との見解を得た。試合エントリーが可能な要件を満たすことから、この日に宇都宮市で行われるB1公式戦は予定通り実施した。

日本代表でも活躍した折茂氏は、昨季まで「選手兼社長」としてチームをけん引。昨季限りでの引退を発表したあと、肺疾患を抱えながらプレーしていたことを明かしていた。今季からは社長業に専念している。