地元の133期生ルーキー根岸真優(22=埼玉)が、デビュー初の2着で、初めて舟券に絡んだ。

5R、6コースから最内を差し、1周2Mの小回りから粘り込んだ。「初めて2着に入れました。何とか粘れました」と照れた。しかも、イン逃げ決着のレースながら、3連単は11万台の超ビッグ配当に跳ね上がった。

先輩の助言で仕上がりも良化に転じた。序盤の伸び型から出足型にシフト。「滝沢(芳行)さんにアドバイスをいただいて伸びが落ちずに出足が来ました。昨日までなら、この着はなかったと思います」。スタートも初日に続き、再びゼロ台。「(2日目の)20台は駄目ですね。1着を取れるように頑張ります」と意気込んだ。