W杯予選を戦う日本代表と、東京五輪を控えるU-24日本代表の試合が実現した。

    ◇    ◇    ◇

MF原口元気(30)とMF遠藤渓太(23)はともにアピールはならず、来季はドイツ1部のウニオン・ベルリンでともにプレーするサイドハーフ対決は痛み分けとなった。

MF遠藤渓は20年1月のU-23選手権以来の招集。最後のアピールと背水の陣の覚悟を見せ、果敢にドリブル突破を仕掛けたが、DF室屋、守田の壁は厚く“らしい”仕掛けは影を潜めた。原口は後半41分にMF鎌田のスルーパスに抜け出したがわずかに届かずゴールキックに。ミャンマー戦でも得点はなく、今回は結果にこだわりを持って入ったが、ネットを揺らすことなく前半だけで交代した。

森保ジャパン3発でU24日本に勝利/日本VS日本ライブ詳細―>

日本VSU24スコアはコチラ―>