日本サッカー協会(JFA)は7日、来年1月1日に行われる国際親善試合タイ戦(東京・国立競技場)に臨む日本代表メンバー23人を発表した。GK野沢大志ブランドン(FC東京)、MF伊藤涼太郎(シントトロイデン)が初選出された。

伊藤涼の選出理由について、森保一監督(55)は、「理由はいいプレーをしているからです」と回答した。

アルビレックス新潟時代から、代表戦力としてチェックしていたといい「いいところは攻撃。得点に絡む得点を奪うという所。まだまだシントトロイデンで発揮しているところではないですけど、チームでトップ下の10番や8番(のポジション)で、存在感のあるプレーをしている。今回選出させていただきました」と説明した。