サッカー女子日本代表なでしこジャパンが北朝鮮と対戦するパリ五輪アジア最終予選第1戦(24日)が、中立地のサウジアラビア・ジッダで行われることが20日、決定的となった。

日本サッカー協会(JFA)佐々木則夫女子委員長(65)が明らかにした。開催地に関する正式文書こそ未達ながら、この日までにアジア・サッカー連盟(AFC)から、同地開催で準備を進めるよう連絡。チームは、この日夜に千葉市内の宿舎を出発し、サウジアラビアへ向かった。試合の4日前にようやく試合地が固まるという異例の事態。DF熊谷紗希主将(33)は選手目線の思いを包み隠さず明かし、池田太監督(53)は泰然自若の構えで臨むことを強調した。

チームは2便に分かれて出国した。コンディション面を考慮し、なるべく早く移動するために別ルートの定期便で現地入り。それぞれのチェックインカウンターに分かれる際は、普段との違いに戸惑い気味に手を振っていた。空港には見送りに訪れたサポーターの姿もあり、熊谷らは「再び国立で掴めパリへの切符」という横断幕の前で記念撮影する「神対応」をみせ、笑顔でサウジアラビアへ向かった。